SUMIRE|モデル

「なんとかなる」は大切。

Photography:James Ozawa
Interview:K-suke Matsuda

人は肩書きで相手を判断しがちだ。どこどこの会社に勤める◯◯さん。なになにの仕事をした△△さん。だれだれの子供の××さん……。たしかに「自分は何者か」という命題を考えた時に、肩書きはアイディンティティの一つになるかもしれない。でも、それは所詮周りとの関係性の中で見たその人であって、実際に会ってみるとまったく違う印象を受けることの方が多い気がする。スミレさんもまさにそうだった。彼女を語る時に、ご両親の存在は切っても切り離せない。才能に溢れたご両親の元に生まれたサラブレッドというイメージを持つ人も少なくはないだろう。ところが、実際に会った彼女は「なんとかなる」という言葉を胸に、新しいことにチャレンジする好奇心旺盛な一人の女の子だった。その姿勢には、社会のフィルターに臆せず、自分にしかできない表現をしていきたいという彼女の意志がありました。


スミレ/SUMIRE

1995年東京生まれ。ミュージシャンの母、Charaと俳優の父、浅野忠信の長女としてアートや音楽に自然と触れ合う環境で育ち、モデルの仕事を始める。2013年11月にCharaのMVに出演し注目を集め、2014年4月より雑誌「装苑」専属モデルに。2018年1月27日公開の映画『サラバ静寂』ではヒロイン・ヒカリ役を演じ、映画デビューを果たす。今後はファッションを中心に、役者まで幅を広げながら活動予定。

ブラウス35,000円(TENDER PERSON/www.tender-person.com)、スカート38,000円(tiit tokyo/Sian PR 03.6662.5525)