スイス マロカン|芸術家

生まれた時から芸術家だった。

私は、父が絵や彫刻の修復士、祖父が芸術作品の蒐集家という“芸術一家”に生まれました。小さい頃からずっと絵ばかり描いていましたが、母は「ノープロブレム」と言って育ててくれました。こんな風に大きくなったのは、スパゲティをたくさん食べたからかもしれません(笑)。本当に他のことを何もしないで絵ばかり描いていたので、さすがにこのままじゃまずいと思い、芸大に進学することを決意しました。ドイツには有名な芸術大学が3つあるのですが、そのうちの一つ「デュッセルドルフ芸術アカデミー」に合格し、そこで6年間学びました。

その後、1997年にパリへ留学しました。古い友人のガスパール(「59Rivoli」創設者の一人)がいたので、その縁もあって行くことに決めたんです。奨学金のおかげでお金があったのでモントレイユにアトリエを構えていたんですが、翌年には奨学金が終わってしまって困窮……。でも、もう少しパリにいたいと思っていました。そんな矢先、自転車でマレーを走っている時に、ピカソミュージアムの前にスクワット「ソガピ」を見つけたんです。そして、ガスパールと共に3ヶ月間そこで暮らしました。ブルノやほかのアーティストとも、そのスクワットを通じて出会いました。「ソガピ」を出てからは、いくつかのスクワットを転々とした後、1999年にガスパールやブルノが立ち上げた「59Rivoli」に入ることになりました。