宮浦 晋哉|キュレーター

産地と書いて「ストリート」と読む、
宮浦晋哉と書いて「みやうらしんや」と読む。

ー イギリスではなにを学びましたか?

宮浦:イギリスの大学で、日本ブランドの展示会を催す機会があって、日本が世界から求められているのは、「テキスタイル」と「クラフトマンシップ」だというパンチラインを受けた(=肌で感じた)。それまで、「日本人のアイデンティティってなんだろう」とずっと考えていたから、ひとつの答えを出せたと思う。でも実際は、ファッションブランドが新作を発表するサイクルは常に納期との勝負なので、使用されるテキスタイルがどうしても既存のものから選ばれがちになっているのが現状。そこで素材開発からテキスタイルを考えてもらえるような働きかけをしたいと思った。日本各地の素材やその情報を大量に集めれば、ブランドはリサーチに掛ける時間を短縮でき、デザイナーはインスピレーションが刺激される新しい素材に出会える可能性が増える。これは、世界から評価される日本の服づくりにつなげられるかもしれないと。将来が少し見えた気がしたかな。

ー そこで得たものは大きかったんですね。

宮浦:すると同時期に、日本でトップレベルの機屋が廃業したことを知って、真相を確かめるために急遽帰国した。そしたら、職人の宮本さんが「日本人のアイデンティティがテキスタイルだというなら、足使って汗かいて産地を見てこないとだれも君の言葉についてこない」とアドバイスをしてくださり、資料も全部くれた。当時の僕は金髪ロン毛で胡散臭かったと思うのに(笑)。これはもう徹底的に産地を回るしかないなと。それで日本各地を回った記録を『secori book』として本にまとめて出版した。僕にとって大きな発見だったのは、産地を訪れることが楽しいということ。機械を見るのは超好きだし、織り、縫い、編み、洗いのどれを見ても感動したよ。

ー「繊研新聞」で見た縫製工場の写真にも感動されてましたよね。

宮浦:本の出版を機に徐々に仕事の依頼がくるようになって、生地も集まってくると場所が必要だなと。東京で場所を探していたら、月島の古民家のオーナーが興味を持ってくれて格安で物件を貸してくれた。立ち上げメンバーは5人。みんなノーギャラで僕の話に乗ってくれた。一緒に仕事するうえで大事なのは、やっぱりお金より気持ちだよね(笑)。

ー そして、晴れて2013年9月に「セコリ荘」がオープン。“ファッション版トキワ荘”と、ニュースサイトでも取り上げられていましたね。

宮浦:ほかにも雑誌、テレビで紹介されたこともあって、年代問わずいろいろな人が集まってくるようになった(編注:奥さまもその一人であり、出会って2週間ほどで劇的に結婚!)。お客さんを巻き込んでさまざまなプロジェクトを一緒に企画したりしてたね。

ー 状況が変化していっても、一貫して産地の取材を続けていますね。

宮浦:うん。はじめは全国の産地を見て学びたいと思って「繊研新聞」を読んで、訪れたことのない地域や気になった産地へひたすら通っていた。だから、僕の知識はストリート(=産地の現場)から学んだようなものでもある。大学の授業、教科書では教えられないことはどうしてもあるし、現場に通い、知識をつけて関係性を築いていかないと、聞きたいことも聞けない。いまでも産地を訪れることはすごく楽しくて、同じ産地に何回も足を運ぶこともあるよ。

ー 直に顔を突き合わせたコミュニケーションを重ねることはとても大事だと思います。産地の方から相談を受けることもありますか?

宮浦:さまざまな依頼や相談はいただいている。それに対して、その工場にしかできないこと、その工場の魅力が最大化されることを現場の方々とともに追求できるように努めているよ。たとえば、時間をかけて新たな製品や販路をつくったり。目先の売上だけをあげるとか、どこかの工場の成功事例をマネて、安易な企画をするのは違うと思う。また、産地に興味がある人には、職人やキュレーターになることや産地への移住を勧めることもある。それで産地に入って働いている人はもう10人くらいいるかな。

ー なるほど、産地の皆さんが宮浦さんを頼るのも頷ける気がしました。一方で、取引先が順調に増えていたにもかかわらず、2015年3月にセコリ荘は突然の長期休業に入りましたね。

宮浦:そう。妻と日本全国キャンピングカーの旅をはじめたからね。お互いあまり知らないで結婚したからちょうどいい機会かなと思って。彼女、運転うまいから産地も回れるし。

ー ハネムーンが産地巡りとは……。奥さまの寛大さには感謝すべきですね(笑)。

宮浦:この旅の途中で娘が生まれて(編注:とてもかわいいです)、その年の9月に月島に帰ってきて「セコリ荘金沢」を立ち上げた(2017年6月末閉店)。その後に「産地の学校」を開講し、『FASHION∞TEXTILE』を刊行、という感じで今に至るかな。