宇賀那 健一|映画監督

10 Questions

Q1:好きな食べ物は?

コロッケ。お惣菜屋さんのものは肉の比率が高いから、手作りのイモっぽいのがいい。

Q2:好きな映画は?

身体を動かしている映画が好き。『ポンヌフの恋人』とか。あとは平野勝之という天才監督の『人間らっこ対かっぱ』。まず、マグロの頭を持った男が現れて、川で人間とらっことカッパとその他の生き物たちがマグロの頭を奪い合って戦って、最終的には、みんなで海へ目指して走り出す。セリフも「ぎゃー」と、女の子が言う「あっちょんぶりけ」しかない。字面にするとわけわかんないけど、本当にすごいんですよ。この映画を観て感銘を受けて、映画を撮ろうと思った。

Q3:好きな音楽は?

ニルヴァーナがカヴァーした「アクロス・ザ・ユニバース」がすごく好き。会社名も、カート・コヴァーンが愛用していたフェンダーのギターに貼ってあるフィーダーズのステッカー「VANDALISM:AS BEAUTIFUL AS A ROCK IN COP’S FACE(警官の顔に投げた石のように美しく)」が由来。いつか、このタイトルの映画を撮りたいなぁ。

Q4:好きな本は?

辺見庸という作家。一語一句の言葉選びに命をかけている人なので、読むと自分のモノづくりがこれでいいのかと問われている気がして辛い。けど、だから読むし、だから好き。

Q5:座右の銘は?

「俺たちはゴミ箱に咲く花だ」by ジョニー・ロットン。かっこいいよね。最近、昔のインタビューを読み返しているんだけど、頭が良いなぁと思う。

Q6:最近、気になっている人は?

岩切一空監督。『花に嵐』は絶対に観た方が良いよ。

Q7:日本に必要なものは?

ビール(もっと)。

Q8:無人島に一つだけ持っていくとしたら?

どこまで自分が装備しているのか考えちゃうよね。うーん……、パソコン? せっかく無人島に行って、良いアイディアを思いついてもメモれないから。あ、電源があるかわかんないか。

Q9:生まれ変わったら何になりたい?

盆栽。誕生日プレゼントにもらってから、ハマっていて。毎日せかせかしてるから、どっしりと構えた人になりたい。

Q10:死んでもいいって、思えた瞬間は?

明日死んでも悔いはない! むしろ、死んだ方が楽になるなと(笑)。


SPECIAL THANKS

VANDALISM SHIBUYA
東京都渋谷区宇田川町26-9 太田ビルB1F
03-5784-0939
平日:11:00~翌06:00(5:30 L.O)
 土・日・祝:24時間営業 無休