羊文学|バンド

「できる」やり方で、「できる」ことを続ける

ー 最近は、家で録音してネットで販売するなど、「音楽で食べていく」ということの選択肢が増えていると思います。そんな中、みなさんがライブハウスを中心に活動されているのはなぜですか?

塩塚:出たてのバンドは、ライブハウスでやるしかないと思って活動をしています。たしかに今はネットで売るのも有効だと思うのですが、ちゃんとステージに立って演奏することで、力がついていくというのもあります。私たちは、下北沢の「BASEMENT BAR」や「THREE」のライブに出させていただくことが多いんですが、オーナーさんがアドバイスをくれることも多いです。たくさん出ることで、無料でライブに出演させていただくこともあります。

たとえば、メジャーデビューをしたからといって、必ずしも有名になれるわけではないということが最近分かってきました。もちろん、メジャーになれたら良いですが、今回のインディーズデビューも然り、自分たちにできるやり方で、今できることをやっていきたいと思っています。

ー 作詞作曲はすべて塩塚さんが担当されていますよね。こういうことを伝えたいという想いはありますか?

塩塚:これを伝えたいというよりは、音楽を作るというのが、“ご飯を作って食べること”に近い感覚でやっています。自給自足というか。わりと自分の気持ちや、自分の中で起こったことを歌詞のテーマにすることは多いですね。

ー 塩塚さんの作る曲は、ゆりかさんと福田さんにとってどんな印象ですか?

ゆりか:変わったコードを使っているなぁって思います(笑)。

福田:僕が入った1年前は、「春」という曲のように、相手に対して嫌いを訴えかけるような意志の強い曲が多かったんですが、最近では、寄り添ってくれるような優しい雰囲気の曲もあります。毎回曲の解釈があって、それを聞いた上で、メンバーが自分なりの解釈を用いて曲を仕上げていくようなイメージで作っています。

ー これから「音楽で生きていく」ことを目指す後輩の方々を想定して、何かメッセージをいただけますか。

塩塚:言えないよね。まず、自分が売れたい!ってのはありますね(笑)。

福田:現状で言えば、「人に言われて失敗するより、自分で決めて失敗する方がいい」って思います。それくらいかな。

ゆりか:やりたいと思ったら、すぐにやった方がいいです。私もやりたいと思ったので、すぐに羊文学のメンバー募集に応募しました。

ー ありがとうございます。最後に、今後の意気込みを教えてください。

塩塚:フジロックにもう一度出ること!

ゆりか:外国に行きたい!

福田:たくさんの人たちに、僕たちの音楽を聴いて欲しいですね!