赤松 ハルカ|ミュージシャン

10 Questions

Q1:好きな食べ物は?

ここ何年かは果物にハマっています。私はすごくずぼらな性格なんですよ。料理をしたくないけど、ちゃんとしたものを食べたいと思った時に気づいたんです。果物なら、切らなくて洗うだけで食べれるものも多いし、超手軽だなって(笑)。カロリーメイト的な感覚ですね。

Q2:好きな映画は?

『デス・プルーフ in グラインドハウス』。タランティーノ監督が趣味趣向を完全にぶっこんだ作品です。田舎町のやんちゃな女の子が集まって、賭けをしながら「あいつを誘惑してこい」と言うシーンが好き。ラップダンスっていうエロい踊りをするんですけど、アメリカの女の人のそういう強い感じが好き。おっぱいがデカイのが正義みたいな、良い意味のビッチ感は、日本人じゃ出せないですからね(笑)。

Q3:好きな音楽は?

一番影響を受けたのは、シンガーソングライターの「小島麻由美」さん。彼女を好きな人が私の歌を聴くと一発で、「好きでしょ?」って分かるほど。ある時、CDをかけていたら、親が私のCDかと思って勘違いしていました(笑)。

Q4:好きな本は?

ミヒャエル・エンデが好きです。『モモ』とか、『ネバー・エンディング・ストーリー』とか。親がメルヘン好きです、小さい頃から家にありました。今読んでも、哲学的なことがわかりやすい子どもの言葉で書いてあって感動します。

Q5:座右の銘は?

「余計なことはしない」というのをモットーにしています。人間関係でも、仕事でも、音楽でも、余計なことをするダサいやつになりたくないんです。「それ言わなきゃいいのに……」って思うことがすごく嫌です。

Q6:最近、気になっている人は?

斉藤由貴さん。尾崎豊との不倫報道が出た時の会見を観たのですが、記者に囲まれて質問攻めにあった時に、「いろいろ分かっちゃったらつまらないでしょ」と言ったのにしびれました。つい最近、自分のことを根掘り葉掘り聞かれたことがあったんですが、その時に言えばよかった!(笑)。

Q7:日本に必要なものは?

粋。粋な人ってあまりいないですよね。

Q8:無人島に一つだけ持っていくとしたら?

弾けない楽器を一つ持っていきたいです。ひたすら打ち込めるので。管楽器とか良いですね。

Q9:生まれ変わったら何になりたい?

人間以外の方がおもしろそうですね。…………虫とか?

Q10:死んでもいいって、思えた瞬間は?

ないです。あ、でも今年はじめて宮古島の大きなフェスに出ました。高校生の時に観たフェスに出られたのはうれしかったですね。一通りの演目を終えた後に、海の目の前にあるステージでミュージシャンが入り乱れてセッションするんですよ。しかも、本気の殺し合いみたいなテンションで(笑)。それがすごくおもしろかったです!

 

SPECIAL THANKS

RHAPSODY
東京都世田谷区北沢2-1-7 5F
03-5656-3511